スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家も世相をうつしている。

たまには仕事のはなし(笑)

今日から始まった改修工事。

築30数年となれば断熱材も入っていないので

部屋が寒い!ということが多く聞かれる悩みです。

床がボコボコしていて寿命だったこともあり、

断熱材を入れてフロアー張り替えすることにしました。

サッシも新しくペアガラスのものを入れて、

寒さ対策をします。

床はりかえ

話はかわりますが、

建築事情はその時代の影響を受けます。

たとえば、オイルショックの時。(知らない人も多いだろな~)

急騰した建材価格のため、

質の落ちる材料を使わざるをえなかった家が

多数あったそうです。

バブルの時は、狭くて小さくて高額な家しか建てられなかった。

また、一昨年からの太陽光発電に対する支援対策。

これで屋根のカタチがずいぶん変わりました。

2008年以前は太陽光をつけることなど

考えて無い外観デザインが大多数です。

政治や国際事情までも反映されている、のは家も同じなんですね。



それぞれの暮らしに合わせた家づくり
新居浜のワダケンホーム HPに戻る → トップページ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 新居浜情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国中央情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ
にほんブログ村  ポチッ!応援ありがとうございます



tag : リフォーム 新居浜 西条 四国中央 一戸建て 断熱材 床はりかえ 注文住宅 工務店

コメント

Secret

読者登録
ブログの更新情報が届きます。


提供:PINGOO!
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ご訪問ありがとう
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。