スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワダケンの秋の実り

ワダケンの敷地内に柿の木があります。
この柿は水分も多めで甘さも充分。メチャうま!なんです。

ただ難点があって、食べごろになるとに先を越されてしまう
なので、ちょっと早いかなぁ~、て具合の時に収穫しないといけません。
まぁ、少しばかりのおすそ分け?もいいか。
それでも美味しいワダケンの柿なのです

鳥におすそ分け?
スポンサーサイト

北川村の「モネの庭」

休みの日にひさ~しぶりに
北川村の「モネの庭」へ行きました。

誰でも知ってる画家のクロード・モネが
晩年丹精込めて手入れした広大な庭を
高知のかなり外れた田舎(失礼!)に再現したものです。

スイレンはほぼ終わりかけでしたが、
この池の風景は本当にきれいです。
初めて訪れた時は5月。感動でした

睡蓮が咲いています

この庭には数え切れないほどの花が咲いているのに
なぜかチョウチョの集まる花が・・・。

ふじばかまと蝶

受付の人に聞いてみると「フジバカマ」という花で
この綺麗なチョウチョはフジバカマの花が咲くとどこからともなく飛んでくるんだとか。

5~6匹の蝶が群がっているフジバカマ。
今度庭に植えてみましょう

ちなみに、この庭の肥料は「牛ふん」(草食べてるからキツくないんだって)
1年以上乾かしたものを土深く埋め込んで使います。



携帯電話を買い替えたら

こんにちは!昨日はよく降りましたね~。今日は快晴
明日から新居浜も太鼓祭りが始まりますネ
皆さんお祭りはどう過ごしますか??

ところで、まったく関係ない話・・・。

先週携帯電話を買い替えに行きました。
携帯事情にまったくうとい私めは、2年前に買った時のように
現金を払うことなく買い替えできるものと思っており・・・・

「えっ!携帯機器にお金払うんですか?!
 しかも、5万なんぼ・・・えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~


と、カウンターでお姉さんと向かい合い頭真っ白になったのでした。
知らなかった・・・昨年秋から販売形式が変わったこと・・・・。
知ってる人は去年の夏に買い換えてたんだ・・・

でも、2年4ヶ月使った携帯はだいぶガタがきており
待ち受け時間が短い欠点もカバーしたかったので、
2万円台で待ち受け時間がそこそこある機種を出してもらう。
なんと、3機種しかない!(うち、1台は韓国製)

結局、テレビなし!カメラなし!のシニアケータイ「らくらくホン」に落ち着き、
29800円からポイント分もろもろ引いて2万円ちょいでした。
使ってない機能が多かったので、まぁ、このくらいシンプルでもいいだろう。
(歩数計は大きなお世話だが)

字でかい~

しかし、まともに買ったら6万近いのですね、最新式は。
テレビもカメラもネットもお財布機能も、となったら当然か。

今のところ、この電話機で問題なく、
ひとつ見つけた大きな特徴は、「持ちやすい」
あとは、メールの文字が大きすぎてまだ慣れないですね。

ケイタイは今や必需品ですが、機能つきすぎ!と思うのは自分だけ??
いずれにしろ、今度は大事に使わなきゃネ

低学力の克服は高学年でやりやすい

ニュースレター「ワダケン通信」でも紹介した、
百ます計算で有名な陰山英男先生のコラムを全文ご紹介します。

「子どもと伸びる」

今もよく師匠の岸本祐史先生の言葉を思い出す。迷った時の、私の道しるべだ。
そんな中にこんな言葉がある。

「私の教師人生の中で、もっとも意外な発見だったのは、
子どもの低学力の克服がやりやすいのは高学年だということだ」

それを聞いて、えっと思った。というのは、小学校も高学年になると多くの
教材を学習した後なので、取り返すことは不可能に近いというのが常識だからだ。
そこで、私も岸本先生のいう通りにやった。事実だった。

私が数年前、辻堂小学校(広島県尾道市立)の校長になることが決まったとき、
私は最後の課題に苦しんでいた。それは、まともな点を取ったことのない女の子に
百点を取らせること。2学期にはもう80点くらいは取れていた。

だが、私としては不足だった。ところが、卒業間際、その困難さにあきらめかけたとき、
その子は百点を取った。それは、算数のまとめの最終テスト、もっとも難しいテストだった。

では、なぜそれができたのだろうか。
それは基礎の穴を埋めることができたからだ。実はどの子にも基礎の穴がある。

例えば、繰り下がりの引き算などに多い。「12-4」はわかっても「15-7」はあやふやだ
というような場合だ。このような場合、百点は取れないが、80点以上は取れる。
ただそれは一般的に不注意のミスだと判断される。

ところが、これが落とし穴なのだ。その後、ひっ算でも分数計算でも、計算途中に
「15-7」が出てくると計算が怪しくなり、百点は取れない。

周囲はミスをするなと助言する。しかし、集中してもミスは出る。
やがて、それが、算数苦手の意識となり、本当に伸び悩む。

だが、高学年になれば、脳は成長している。あえて、低学年の復習をやると
その伸びは速い。これが高学年ほど学力向上しやすい理由だ。

この基礎の穴は成績上位者にも必ずといっていいほどある。
小さいときは努力で何とかそこを克服できていても、やがて複雑な思考を求められたとき、
その基礎の穴がいろいろな場面に顔を出し、やがて急速な学力低下となる。

私は秋葉原事件の犯人が、有名高校で学力低下した理由もそこにあると思っている。
この基礎の穴は、本職の教師ですら、なかなか気づかない。

岸本先生が考案した百ます計算は、この計算の基礎の穴をほぼ埋めることができる。
静かに逝ったわが師匠はどこまでも偉大である。   (立命館大学教授)
  

                           ---8月30日付け日経新聞より---

自分は計算が苦手なのですが、その理由が分かったような気がしました。
百ます計算、子どもとやってみよ・・・

初恋の思い出が・・・

今日も洗濯日和のいい天気ですね!
このところ、庭先から漂ってくるキンモクセイの香りに
心和ませている です。

このキンモクセイ、通学路の川べりにたくさん植えてあったんですが、
この香りが漂う頃、彗星のごとく現れたひとめぼれの君・・・
中学時代の初恋の思い出です~  (BGM「北の国から」 ル~ル~ルルルルル~

それなのに、それなのに、我が相方は・・・

うちじゃキンモクセイの香りは便所のにおい、
田舎の便所のそばにはどこでも必ずキンモクセイが植えてあった。
キンモクセイ便所、だな


や、やめてくれぇ~~~

いいかおり~!


今が開花時 コルチカム

大川村のばあちゃんちに咲いていた
なんとも可憐で美しい花をすこしもらって帰って3年目。

今年は花の数もふえて楽しませてくれました
コルチカム」といいます。

写真では分かりにくいけれど、
白いくきに紫がかったピンクは何ともいえない色をしていて
しかも、地面からいきなりつぼみがにょきにょき生えてくる様は彼岸花と同じ。
水も土もなくても花を咲かせることができるほど強いんだとか。

宿根草なんで手間要らずで毎年楽しむことができますよ

ほんとにきれいですよ!

完成見学会無事終了!

先週末は幼稚園の運動会、快晴でよかったですね!
ワダケンも土日は完成見学会を開催させていただきました

今回は広告も出さずに、チラシを少しポスティングしただけでしたが、
お陰さまでご紹介のお客様や、
数少ないチラシをご覧になった方々にも来場いただき
実りあるものとなりました。

施主様、お客様ありがとうございました

これからも張りきっていきますので、皆様よろしくお願いいたします

tag : 新居浜 西条 四国中央 リフォーム 新築 工務店 注文住宅 一戸建て 見学会

読者登録
ブログの更新情報が届きます。


提供:PINGOO!
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ご訪問ありがとう
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。